profile

てっさん

Author:てっさん
てっさんと言います。てっさんさんとは呼ばないようにお願いいたします。


latest article


category


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロノグラフからの支援

ヤマトから宅配便が届きました。

送り先はblogリンクさせていただいているクロノグラフのセーケンさんからでした。

段ボールを開けると、プリンカップで窮屈そうにしている

大きな個体が現れました。


20161017073310b6e.jpg


以前、セーケンさんからマンディブラリスフタマタクワガタの幼虫を購入したのですが

幼虫が落ちてしまい、メス1頭のみ羽化していたところ

セーケンさんからヘルプして頂きました。

先日セーケンさんのblogにて羽化報告があった個体です。

83.5と記される個体はとても大きく

特徴的な顎はとてもカッコ良いです。

2016101707330699c.jpg

20161017073308fdc.jpg

羽化済みのメスを確認したところ

201610170745093e0.jpg

ゼリーを食す事なくマットへ潜り休眠していました。

セーケンさんから、クワガタ飼育は成熟の瞬間を見極める事が大事だと教えて貰いました。

20161017073313e5c.jpg

飼育下では1年は生きるそうなので、成熟を確認した後に

ペアリングさせてみようと思います。

この度はヘルプして頂き、ありがとうございました。

販売からサポートまで徹底していて

大変素晴らしいと思いました。



スポンサーサイト

マンディブ!

ひと月前に羽化したマンディブラリスフタマタクワガタのボトルケースを覗くと、蛹室から動いた形跡が見えたので

20160816233136d01.jpeg


ボトルから掘り出しました。

20160816233106e0c.jpeg


ボトルから転げ落ちたのは大きなメス

20160816233105a5e.jpeg


サイズは40mm程でした。

20160816233107880.jpeg



いよいよ明日から旅行に行く予定ですが

台風7号が関東へ直撃です。

お昼には通り過ぎている予定ですが

13:40 発のフライトです。


羽化報告

3匹いた幼虫のうち2匹が幼虫のうちに落ちてしまい

残った1匹が無事に羽化していました。

20160715073120f73.jpeg

マンディブラリスフタマタクワガタです。

オスの大顎が見てみたかったのですが

メスでした。

成虫は8ヶ月から12ヶ月程生きるそうなので

お婿さんを探してみようと思います。


マット交換

Green Style の かっつさんの 春のプレ企画 が始まります♪
飼育仲間同士交流が深まるのでとても良い企画だと思います。
     20160503081041c02.png
       詳しくはクリック↑↑↑



今日はマンディブラリスフタマタクワガタの幼虫のマット交換を行いました。

セーケンさんから購入させて頂いた3匹の幼虫のうち生きているのはこの1匹のみです。

ケースから出すと大きな幼虫が現れました。

20160516073520bcb.jpeg

やはり卵巣の様なものが見えるので、メスだと思います。

マンディのメスの幼虫はこんなにも大きくなるんだとびっくりしました。

ティースプーンと比べても

20160516073521d21.jpeg

かなり大きく感じます。

黄色みを帯びてきたので、そろそろだと思います。


20160516073525f84.jpeg

無事に羽化するように見守っていきます。



他のケースを覗くと地元産ヒラタクワガタが羽化していました。

他のケースも見ると羽化、羽化、羽化

20160516074307016.jpeg

こちらはまた報告しますね。


マット交換

セーケンさんから購入したマンディブラリスフタマタクワガタの幼虫。

3匹のうち2匹をマット、1匹をヒラタケ菌糸に入れて飼育中です。


先ずは1本目の交換。

瓶の底から幼虫が見えてなかったので不安だったのですが、不安も的中しました。


マット組の1匹目を瓶をひっくり返し探してもどこにも見当たりません。

落ちてしまったようです。3匹しかいなかったので残念で仕方ありません。


気を取り直してもうひとつの瓶をひっくり返しました。





頭幅も大きくなりスクスクと育っています。ドルクス系の幼虫とは形が違いますね。お尻が大きくふっくらとしています。




卵巣のような物が見えるのでメスかもしれません。

マット組の1匹が落ちてしまったので、残りの菌糸に投入した幼虫が気になりましたが、時間が無くまた後日掘り出そうと思います。


上手くペアになると良いな



4/10 追記


菌糸に投入した個体を掘り出してみました。

幼虫が見えたのですが、かなり小さめな感じです。ヒラタケが合っていなかったのかなと、取り出してみると…

なんとお尻が真っ黒になって腐っているような感じでした。

原因を考えてみたのですが、菌糸投入時にお尻に小さな傷をつけてしまったのか、雑菌による病気かと思われます。

上半身は生きていますが、これはもう手の施しようがないです。

まだ暫く生存はできそうなので、ベランダの廃マット置き場に埋めてあげる事にしました。

3頭のうち、2頭もダメになってしまったのは、とてもショックです。



 | ホーム |  次のページ»»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。