profile

てっさん

Author:てっさん
てっさんと言います。てっさんさんとは呼ばないようにお願いいたします。


latest article


category


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待望のライヒオス

Green Style の かっつさんの 春のプレ企画 が始まります♪


飼育仲間同士交流が深まるのでとても良い企画だと思います。
     20160503081041c02.png
       詳しくはクリック↑↑↑


ライヒヒラタメスに続いてオスも掘り出してしまいました。少し早いかなと思いましたが、見たくて仕方ありませんでした。

掘り出して見るとカッコいい歯をした個体が出て来ました!

2016050419014976e.jpeg

ライヒヒラタ独特の歯です。 サイズは51mmで何とか5㎝は超えましたが、少し縮むかもしれません。
横幅もがっしりとしていてとても満足しています。

2016050419015159e.jpeg

20160504190152d6e.jpeg

以前羽化していた地元産のヒラタクワガタと並べてみました。

2016050419015380a.jpeg

地元産ヒラタの方がサイズは小さいのですが、ひょろっと見えますね。

ライヒヒラタはヨツバオオクワガタやライヒオオクワガタとも呼ばれているようです。

よく観察するとヒラタクワガタよりもオオクワガタに近いような感じがします。

ライヒヒラタの掘り出しが全て終わりました。
結果はオスがこの1匹とメスがなんと9匹です。
バランス悪すぎです。
親のメスもまだ元気にしております。

さて、このメス達どうしましょ(笑)

ライヒヒラタは今年の秋か来年の春にペアリングしようと思います。



スポンサーサイト

ライヒヒラタメス掘り出し

Green Style の かっつさんの 春のプレ企画 が始まります♪


飼育仲間同士交流が深まるのでとても良い企画だと思います。
     20160503081041c02.png
     詳しくはクリック↑↑↑

私も協賛できる品を現在検討しています。

協賛できる物が決まりましたら当ブログにて報告させて頂きますね♪

GW半ばですが、月金仕事なので普段通りです。
しかし、嫁子供が実家の方に帰省したので
夜はクワガタのお世話の時間がたっぷりあります。


ライヒヒラタのメスが殆ど羽化しているので、瓶のまま保管しておくよりもプリンカップに移した方がスペースを取らないと思い
掘り出しをしました。

20160503210555c8d.jpeg


プリンカップに湿らせたティッシュを敷いて暫く保管です。


20160503210557449.jpeg


プリンカップだと1つの瓶のスペースに3段積めるのがいいですね。


背中に細かい筋があってメスもとってもキュートで可愛いんですよ。


201605032105583d0.jpeg

20160503210600220.jpeg


ライヒオス羽化

待望のライヒヒラタのオスが羽化しました。





ボトル内が見にくいのでどんな顎をしているかわからないのですが、無事に羽化出来たようでとても嬉しいです。



メタリの産卵セットを覗くと、オスが☆になっていました。


12月5日にうちに来てから約4ヶ月。とても長生きしてくれました。


親を超えれる様に頑張って飼育します。







バクテリア材に投入したメタリの幼虫は、また材から落ちていました。


どうも落ち着かないようです。


取り出してマットに戻し、初齢のメタリの幼虫を代わりに入れてみました。


蛹に

前回の記事で紹介した大きめのライヒの幼虫が無事に蛹になりました。


予想通りオスでした。他の蛹は全てメスなので、ひとまず安心です。

後は、無事に羽化する事を願います。





上手く四葉になっているかわかりませんが、顎が長そうなので期待出来ます。

親は残念ながら☆になってしまいましたが、この親よりもがっしりとした体格で顎も長くサイズも大きそうな感じがします。

親より内歯が上部にあり、一見コクワのようですが、横幅が出るとカッコ良さそうです。



以前撮った親の写真







隣のボトルの地元産ヒラタも蛹になっていました。



こちらは予想通りオスでした。
サイズはライヒのオスの方が大きそうな感じに見えます。

どちらも羽化が楽しみです。

偏り

ライヒヒラタのメスが羽化していました。




菌糸瓶に投入していた期待の幼虫も





メスに…


他のケースも確認してみると





まだ蛹ですが、メス!





これもメス!





メス!





メス!





蛹は全てメスでした。


まだ1匹だけ蛹になっていないのがいます。





この子がメスだと全てメスになります。一応オス判定で、大きめの幼虫なのでオスだと思うのですが。


蛹になるまでドキドキします。


ライヒヒラタの四つ葉の顎が見たかったので、メスに偏ったのは残念で仕方ありませんが、なんとかオスが羽化するのを願います。



 | ホーム |  次のページ»»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。