profile

てっさん

Author:てっさん
てっさんと言います。てっさんさんとは呼ばないようにお願いいたします。


latest article


category


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奄美大島 旅行記 帰路

2016.8.22

宿を出て空港に向かいました。 関東方面に台風が接近しているとの情報が入りました。
さすがに明日も仕事を休む事は出来ません。

レンタカーを返し、空港に着きチェックインカウンターに列ぶと
やはり台風の影響で飛行機が飛ぶかわからないそうです。
予定の9時になっても搭乗手続きは始まりません。

搭乗手続きが始まり、台風で着陸出来ない様なら関空か中部へ戻りますとのアナウンスがありました。

手続きの時に聞いた所、翌日の飛行機は満席だそうです。

搭乗手続きを済ませ、10時半に飛行機は成田へ向けて飛び立ちました。

関東へ近付くに連れて飛行機はかなり揺れています。

成田へ着陸体制に入りタイヤを出し
一瞬地面に降りたのですが、そのまま加速して離陸。

上空で旋回し、頃合いを見付けて着陸するとのアナウンスがありました。更にあと約40分で降りる事が出来ないなら、着陸を諦めると機長からの放送でした。

暫くして、もう1度着陸を試みたのですが、失敗。

飛行機が大揺れの中、3度目にしてようやくタイヤが地面に着きました。

乗客みんなで拍手喝采です。
あんなに怖い思いをするなら関空や中部に安全に降りた方が良かったかもしれません。

飛行機を降りると物凄い風がふいていて、この嵐の中よく着陸出来たものだと思いました。

自動車を置いていたパーキングの送迎バスに乗り、車を取りに行ったのですが

東京の自宅へ戻れそうに無いほど荒れていました。
風で木々や看板も倒れていました。

201608260758486d3.jpeg

前が詰まっていたので、何か障害があるのかと思ったら、停電で信号が消えていました。

今帰ると何時間掛かるのかわからない状態だったので、空港から暫く行った場所にある嫁の実家で休憩させてもらう事にしました。

昼食をご馳走になり、夕方まで仮眠をとり、東京の自宅へ夜の21時頃、無事に帰ってくる事が出来ました。

いや〜本当に疲れました。


今回の奄美大島旅行では、簡単にクワガタ採集出来るだろうと安易な考えでいました。
昼のうちに樹液ポイントをチェックする事も出来ず、限られた時間しかクワガタを探す事が出来なかったので、素直にバナナトラップを仕掛けるべきだったと、反省しました。

街灯巡りは、ポイントを絞り、諦めずにひとつひとつ丁寧に見回る事が重要だと思います。

とにかく、アマミノコをペアで採取する事が出来て、良かったです。

奄美大島 旅行記 終了


スポンサーサイト

奄美大島 旅行記 5日目 後半

2016.8.21

ボリュームのあるシーフードパスタを家族で平らげ、子供達をお風呂に入れ自販機巡りに出発です。

今回は昼間に行った名瀬から大和村方面へ向けて出発しました。

月の入りが遅くなったのか、真っ暗闇の中、車を走らせます。
海岸沿いの峠道は道がクネクネしていて、家も殆ど建っていません。
自然豊かなのですが、自販機や街灯が殆どありません。
峠の上の展望台のトイレの街灯には、いつもいるアオドウガネばかり飛んでいます。

自販機や街灯には様々な昆虫が集まって来ていました。

201608260741510c0.jpeg

20160826074149c37.jpeg

20160826074149f89.jpeg

201608260741462c2.jpeg

20160826074145c26.jpeg

大和村に入ると、お墓の近くの良さそうな街灯があったので、隈なく探します。

2016082607433788f.jpeg

アマノコオスがお亡くなりになっていました。
お墓の近くなので、仕方がないですね。

アマノコの姿を確認出来て、テンションも上がりました。

街灯や自販機をチェックしながら、宇検村の方まで車を走らせ、住用町から58号線で宿まで戻る事にしました。

良い感じの山が続きますが、街灯はひとつもなく、真っ暗な峠をひたすら走ります。

住用町に入ると街灯や自販機も増えてきましたが、見て回るのにも疲れ、少し雑になってきました。

かなりの長距離を走り、時間も遅くなったので、もう諦めて宿に戻ろうと思い出した頃に、雰囲気の良い自販機をみつけたので、寄ってみた所

自販機にクワガタが引っ付いていました。

201608260746179d4.jpeg

小さいですが、アマノコオスです。
頑張って自販機巡りをして良かったです。

まさかの飛行機の遅延でやっと採取する事が出来ました。

気分良く宿まで戻り、就寝。


奄美大島 旅行記 5日目 前半

2016.8.21(日)

最終日の朝、子供達が宿の前の海に遊びに行ったので、隙を見て昨日散策したミカン畑へ向かいました。
畑の周りにもスダジイの樹やタブの樹、アカメガシワなどの木が生えているので、観察しながら見て回ります。

20160825074639195.jpeg

樹には甲虫の姿は無く、コオロギやゴキブリ、大きなナメクジがいるのみです。

昨日のミカン畑も見て回りましたが、クワガタの姿は確認出来ませんでした。
ミカンの木の根元に穴が空いていたので、穴の中にいるかもと思い、掘ってみました。

201608250749166bf.jpeg

20160825074919164.jpeg

カニさんごめんなさい。


宿に戻ると子供達が大きなヤドカリを捕まえていました。

20160825075206b60.jpeg

20160825075207fa8.jpeg



10時になったので宿をチェックアウト。

16時の飛行機にはまだ時間があるので、荷物を車に乗せ、名瀬から海岸を通り大和村の方面まで観光に
行く事にしました。

こちらの方面も緑が深く、自然豊かです。

ビーチから帰る途中に名瀬にある、くろべぇというラーメン屋で昼食を食べて空港に向かいました。
地元の人には人気のあるラーメン屋だそうで、お昼の時間帯はかなり混み合っていました。

レンタカーを返して、空港に着くと、機材調整の為遅延とのアナウンスが、なんと翌日の朝9時に振り替えになるそうです。

まさか東京に帰れないとは思ってもみませんでした。
上司に連絡し、翌日出勤できない事を伝え、レンタカー会社に連絡し迎えに来てもらい延長料金を払い車を借り直しました。

翌日は朝早いので空港近くの方が良いので、泊まっていた宿に連絡し、空きを確認して宿に戻りました。

とんだハプニングです。いや、飛ばないハプニングでした(笑)

アットホームな宿のお母さんに事情を話し、宿の手続きを済ませると、夕食をサービスして頂けるとの事。その為に、みんなで潮干狩りに行こうと連れて行ってくれました。子供達には初体験なので、とても楽しむ事が出来ました。

20160825075335696.jpeg

採れたての貝や、タコ、エビなど入ったシーフードパスタは絶品でした。

20160825075632168.jpeg

急な事態に暖かく迎え入れて頂いたマリンテラスの宿には大変感謝してます。

昨晩は早く寝たので、最後の自販機巡りに行こうと決めました。



奄美大島 旅行記 4日目

2016.8.20 (土)

朝から海水浴へ
毎日海ばっかり入っています。

20160824143824ce0.jpeg

奄美大島では、たくさんビーチを見に行きました。
潮の満ち干きで、同じビーチでも見える色合いや風景が全然違います。
どこへ行っても透明度が高く、綺麗な海です。

201608241437539a1.jpeg

宿に戻り、少し子供達が休憩するというので、隙をみて宿から歩いて散策をしました。

丘を上がっていくと、サトウキビやソテツ、南の島の植物の畑が広がっています。

2016082414403518b.jpeg

そこにミカン畑を発見しました。

20160824144623f71.jpeg

大通りから少し中に入ると、こういったミカン畑か沢山あり、少しお邪魔して、ひとつひとつ見て回ったのですが、クワガタの姿はありませんでした。

ネットの情報を見て、ミカンの木にクワガタが付くという情報を見ていたので、かなり期待をしていたのですが、沢山あるミカン畑の中でも、やはりポイントがあるようです。

後ほど聞いた話ですが、ミカンの実が育ち始めたこの時期は、ミカンの木を消毒するような事を宿の方が言ってました。

放置されたミカン畑も多少あったので、そういう所を隈なく探す事が、結果に繋がるのだと実感しました。

ミカンの樹の間に敷いてある藁の下に潜っているかもと思い、思い切ってめくってみると

20160824143827405.jpeg

サソリモドキを発見しました。

これ位の大きさなら可愛いのですが、大きいのを見ると飛び上がるくらい驚いてしまいます。

ミカン畑が沢山あったのですが、結局ミカン畑では、クワガタの姿を見る事が出来ませんでした。お昼も回ってとても暑かったので時間帯も悪かったかもしれません。

翌日16時の飛行機で東京へ戻る予定なので、クワガタの追加が欲しかったのですが、残念。

東京へのお土産を買い、夕食を済ませて宿に戻り

子供達と花火をしました。

201608241440373a5.jpeg

花火を終え、部屋に戻ると急激に睡魔が。

毎日海に入り、夜遅くまで自販機巡りをしてるとさすがに疲れていたようです。

自販機巡りをする気力もなく、ビールを飲んで就寝しました。


奄美大島 旅行記 3日目

2016.8.19(金)

金曜日はマングローブ原生林のカヌーツアーに申し込んでいたので、宿から車で約1時間程の住用町まで向かいました。

奄美大島は国道58号線が綺麗に整備されていて、島の北から南まで繋がっています。
山が多いのでクネクネとした山道が続くのかなと思っていたのですが、しっかりと整備された道は、新しいトンネルも多く、クネクネとした道もあまりなかったので、意外と走りやすかったです。
車の数も少ないので渋滞する事は無く、スムーズに進みました。

トンネルを越えるにつれて緑が深くなってくるのを見て、宿の近くでクワガタを探すよりも、こちらの方面の方が絶対に生息数は濃いと感じました。

少し早く到着したので、近くの樹々を見て回ったのですが、さすが南国、樹が生き生きとしています。
松の木はありますが、杉の木が全く生えていません。 広葉樹ばかりです。

クヌギやコナラの樹は見当たらず、カシの樹やスダジイの樹、タブの樹が多く生えているように感じました。

色んな樹々を見て回ったのですが、樹液が出ている樹は簡単には見つけられないですね。

20160824133724b46.jpeg
キノボリトカゲ


カヌーの時間になったので、カヌー乗り場から原生林ツアーへ

慣れないオールを漕ぎながら川を下ります。

20160824134258f16.jpeg

201608241343004b3.jpeg

20160824134307665.jpeg

20160824134302adf.jpeg

白く見えるのは大量のシオマネキです。

20160824134800045.jpeg

交尾したハンミョウの姿も

201608241348032cd.jpeg

マングローブ原生林でのカヌー体験は神秘的で、貴重な経験をしました。


カヌーの後、車で更に南下してヤドリ浜海水浴場へ。

潮の満ち干き加減と波の強さ、太陽の場所によって見える色は変わりますが、奄美のビーチは何処へ行っても綺麗です。

そして、ビーチに人が全然いません。いても数組が泳いでいる程度です。


夕食は前回行けなかったひさ倉に行きました。

201608241349536cb.jpeg

2016082413495788b.jpeg

前回の鶏飯よりもスープがあっさりとしていて美味しい!
鳥刺しや焼き鳥も美味。



夜は子供達を寝かせて、自販機巡りに出発です。
今度は中南部の方面へ出かけました。

自販機や街灯を見て周りましたが、クワガタの姿は発見できません。自販機を見るのも飽きてきた頃、空を見あげると丸く大きな月が輝いています。

満月の夜は月に向かって虫は飛ぶので灯りには集まりにくいそうです。


ミカン畑を発見したので、少しお邪魔して樹を見て回りました。
木の根元に樹液が出ているようですが、甲虫の姿はありません。
ミカン畑を6つ程見たところで、犬に吠えられて断念しました。

帰りに宿の近くの街灯へ行くと

2016082413514569b.jpeg

クワガタの様な昆虫がいました。
ネットで調べると、ヒョウタンゴミムシでした。
数匹採取したのですが、嫁からの猛反対を受けリリースしました(笑)

かなり頑張って探したのですが、クワガタは採取出来ませんでした。

宿に戻りビールを飲んで就寝。




 | ホーム |  次のページ»»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。