profile

てっさん

Author:てっさん
てっさんと言います。てっさんさんとは呼ばないようにお願いいたします。


latest article


category


ケースの交換

よりさんから頂いたインターメディアツヤクワガタの幼虫がかなり大きくなって来たので

ケース&マット交換を行いました。

インターメディアツヤクワガタは孵化してからどのくらいの期間で羽化するのか

ネットで検索すると

約1年程で羽化しているという記事が幾つか目にとまりました。

よりさんから頂いた幼虫は9月孵化なので、蛹化から羽化、脱出まで考えると

残された時間もあまり無いと思い、急遽交換する事に。

地元産本土ヒラタのオスが羽化まで十分なサイズの瓶だったのですが

20170711104129779.jpg

かなり狭そうです。

100均で手頃なケースを探して、コバシャミニと縦幅が同じくらい、横幅は少し大きいサイズの

「フタが立つ」というケースを購入しました。

コバシャミニよりマットが沢山入りそうです。

2017071110443682c.jpg

幼虫を掘り出して見ました。

20170711104444609.jpg

20170711104444b8e.jpg

20170711104443c92.jpg

ツヤクワガタの独特のプリッとしたお尻が堪りません。

少しずつ掘り、部屋に穴が開くとギィギィとないて威嚇されました。

幼虫もなくんですね。びっくりしました。

ガラス瓶の横から見ると、とんでもなく大きく見えたのですが、

掘り出して見るとそこ迄大きくなさそうです。

狭い瓶だったので、餌が不十分だったかもしれません。

そんな事を思いつつ、瓶をひっくり返すと

大きな幼虫が現れました。

2017071111054936f.jpg

嫁がいないので、台所からコッソリとスケールを…

20170711110550155.jpg

ぴったり30gでした。

ネットで見ると、40gや50g近くまで育っているのを見るので

まだまだ大きくなるのか、それともマット交換のショックで

繭玉を作り出すのかわかりませんが、とても楽しみです。

お尻には、部屋を作るための糞が沢山詰まっているはずなので

お尻の大きさよりも、頭幅や頭とお尻の間の身体の太さの方が

成虫になった時の大きさに関係するかもと感じました。

1匹写真を撮り忘れましたが、こちらも元気にしていました。

5匹とも元気にスクスクと育っています。

頭の幅を見た感じでは3オス2メスという感じでしたが

無事に羽化できるように、見守って行こうと思います。





スポンサーサイト

マット交換

★かぶ☆さんのプレ企画で当選した、インターメディアツヤクワガタ幼虫ですが

協賛者のよりさんから、早めにマット交換をした方が良いと連絡を受けていたので

早速マット交換を行いました。

プリンカップをひっくり返すと元気な幼虫が現れました。

20161027073903d66.jpg

20161027073900ba7.jpg

まだ小さいですがお尻がプリプリとして面白い形をしています。

ツヤクワガタはカブトマットなどの完熟マットを好むようです。

ヤエヤママルバネ用に購入したRTNのUマットがあったので

使用する事にしました。

ネットで調べると

ツヤクワガタの幼虫もマルバネの様にマットを全交換するのではなく

飼育していたマットに新しいマットを継ぎ足すようです。

プリンカップに入っていたマットが少し乾燥気味だったので

加水しなおし、瓶の底に敷きました。

手で押して硬く詰めないで、瓶底を床にトントントントンと打ち付けて

軽く詰まるようにして、その上からUマットを被せました。

幼虫が奥に届くように真ん中に穴を開けて、幼虫を投入しました。

5頭とも無事に入れ替えが完了しました。


マルバネの幼虫のマットも少なくなってきていたので

マットを継ぎ足す事にしました。

中の様子が全くわからないので

気になって1頭だけ掘り出してみました。

20161027080718e8e.jpg

元気な幼虫が居ました。

購入した時よりも少し大きくなっています。

もといたところに戻し

こちらもUマットを上から継ぎ足しました。

ツヤクワガタとマルバネクワガタ

どちらもマットの好みが強いクワガタなので不安ですが

無事に羽化まで持っていけるように頑張りたいと思います。



 | ホーム |