profile

てっさん

Author:てっさん
てっさんと言います。てっさんさんとは呼ばないようにお願いいたします。


latest article


category


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も最後

25日に詰めた菌糸瓶が上手くまわってきました。



今回はユル詰めが良かったのでしょうか。

地元産ヒラタも蛹室を作り始めました。



地元産ヒラタのニョロの中で1番乗りなので、おそらくメスだと思います。無事に羽化して欲しいです。



今年から始まったクワガタの飼育。
ブログも初めての試みでした。
飼育当初は右も左もわからなかったのてすが、
ブログを始めた事で色々な方との交流が持つ事ができ、飼育について様々な情報を得る事ができました。


飼育スペースもベランダから玄関へ、温度管理も出来るようになり飼育種の幅も広がりました。
スペースに余裕が出来れば色んな種に挑戦してみたいです。

ブログにクワガタの飼育記事を書いている方、ブログを見ていただいている方、交流を持たせて頂いている方には大変感謝しております。来年度も飼育記事を出来るだけ書くように頑張りますので、宜しくお願い致します。

良いお年を!
スポンサーサイト

初めての羽化

ゼリースプリッターをランバージャックのセールで購入したんですね。



これがとても便利なんです!
16gのゼリーを乗せて


蓋を閉じると、容器ごと綺麗に真っ二つになります。



お行儀が良くなく、散らかしてばかりで1日でゼリーを空にする子もいるので、ゼリー代が気になっている所でした。
もっと早く購入しておけばよかったです。


さて、ブータンアンタエウスの蛹のケースを覗くとモゾモゾ黒っぽいものが動いていました。


もしかして、羽化してる??


興味本位で掘り返してみました。
すると‥‥







まだ羽根が赤いですが、立派なメスがポロっと出てきました。ハネパカも無く綺麗な個体です。
初めて虫社に行った時に、幼虫が安く売っていたので興味本位で1匹だけ購入し、マットで飼育していました。

今年は、初めてのクワガタの幼虫の飼育をしていて、人生初めての羽化です。やっぱり感動しますね。綺麗に羽化して本当に良かったです。


タッパーに濡れティッシュを引いて、身体が出来上がるのを待ちます。




初めてうちで羽化してくれた子なので大切にしてあげたい思います。お婿さんも探してあげないと…







生命の神秘

昨日、息子とお出掛けの帰りに寄った虫社にて、1回千円の福引を息子に引いてもらいました。

福引は1等から4等まであり、1〜3等は生体、4等がゼリーとマットが当たるクジでした。
1等の棚にはヘラクレスやタランドゥスのペアが置いてありましたよ。

子供が回すと3等の黄色!3等の段ボールの中から息子が選んだのは、ブケットフタマタクワガタWDです。





特徴的な顎はカッコ良いですね。


ダイソーで購入したケースに産卵セットを組んで投入して、今朝チラッと覗いたら2匹とも死んでる??

羽根を少し開いた状態で固まってピクリともしません。どうみても死んでいるようにしかみえませんでした。今日は仕事だったので、そのままにしていました。


酸欠になったのか、温度が低かったのか、上がりすぎたのか、蒸れたのかよく分かりませんが、ネットで調べると、仮死状態かもしれないと書いてありました。


タッパーに濡れたティッシュを敷いて、その上にクワガタをうつ伏せ状態で置いておくと、蘇生する可能性があるとも書いてあるので、帰宅後早速実践しました。





数時間後に覗いてみると、ぎこちないですがモゾモゾ動いてるではありませんか!


もう死んでしまったと思っていたので、感動しました。






追記
12月28日朝、気になって覗いてみるとオスメス2匹とも元気になっていました。

クリスマスの日

昨日は、仕事が休みだったので朝から免許の更新へ行ってきました。
免許の更新後にランバージャックが近くだったので寄ってきました。


セールをしていて、生体も安くなり、飼育用品も10%offで売っていました。
安く売っている生体に後ろ髪を引かれながらも、菌糸ブロック、マット、ゼリー等の飼育用品を購入して帰りました。


うちに帰って菌糸詰め作業を行いました。

前回詰めた瓶は、1本を残して全てカビが回ってしまい廃棄処分しました。菌糸ブロックの劣化、硬く詰め過ぎたのが菌糸が回らなかった原因かなと思います。今回は失敗したくないので、前回よりも柔らかめに詰めてみました。



メタリの産卵セットも作ってみました。



底に他のクワガタの幼虫を育てた糞入りマット、真ん中にフォーテックの産卵マット、上段はきのこ園の無添加発酵マットの3段仕込みです。菌糸も埋め込んでみました。
オスとメスをそのまま投入しました。産んでくれるといいな。


サイズの違い

北海道からの子がゼリーを食べているようなので、ペアリングをしようと思いました。
相手は、先にうちにいたほんの少しだけ顎が曲がっている♂です。



さて、両方をケースから出してみると、♀が小っちゃい! ♂がデカイ!
2匹のサイズの差が大きすぎるので、上手くペアリング出来ないかもしれないと思ってしまいました。


やっぱり、北海道からのペアをそのままお見合いさせる事にしました。




2匹とも固まってピクリとも動かないです。


次の休みに産卵セットに投入する予定なので、それまで2匹仲良く過ごして貰います。






サイズの違い




リベンジメタリック♪

前回の出品はとても倍率が高く、手に入れる事が出来なかったので、リベンジメタリック♪しました。





というわけではるばる北海道から今日着弾♪





安心の二重梱包素晴らしいです。





まずは♀





続いて♂






メタリフェルほんとに綺麗な虫ですね。


先ずは長旅の疲れをしっかりと癒して貰って、次世代に繋げれるように頑張りたいと思います。

激戦の行方




メタリフェル大人気ですね。


食痕!

菌糸瓶に投入したライヒヒラタの幼虫のボトルに僅かながら食痕が見えました!





菌糸が合っているのかもよく調べず、しかも初齢で放り込んでしまったので、心配でたまりませんでしたが、先ずは一安心です。あと2匹菌糸に投入しているので、そちらももう少し経過観察ですね。

子供の画



息子にメタリフェルを見せると早速絵を描いていました。


興味深々と手に取り観察していました。

日本には生息しない、外国のクワガタ。
とても長い立派な顎。
キラキラとメタリックに輝く身体。
図鑑に載っているクワガタ。


子供心には、どういう風に感じているんでしょうね。


クワガタの絵を描くのがどんどん上手くなってきています。

タランドゥス

セーケンさんのブログによく登場するクワガタに興味を持ち、気になっていた個体をとうとう手にする事が出来ました。


アフリカを代表するクワガタ、タランドゥスオオツヤクワガタです。



黒く輝く身体は見る者を虜にさせますね。手に取るとジジジッ、ジジジッと携帯のバイブの様な振動が感じる事ができます。 このバイブの様な振動が面白くてついつい触ってしまいますが、あんまり触ると電池が無くなりそうな感じがするので、やめました(笑)





何度見ても飽きません。




この個体とは相性が良さそうです。



 | ホーム |  次のページ»»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。