profile

てっさん

Author:てっさん
てっさんと言います。てっさんさんとは呼ばないようにお願いいたします。


latest article


category


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニジイロ割出し

ニジイロ菌床産卵セットの割出しを行いました。


セットから2ヶ月経っていたのですが、食痕は見えていませんでした。


カワラ菌糸はヒラタケ菌糸に比べると表面がかなり硬くなるんですね。







親の坑道を辿っても幼虫がいる形跡が全くありません。


残念ながらボウズでした。


カワラをもっと寝かしてからセットすれば良かったのか、温度が低すぎたのが原因だと思います。


初のカワラボトルの産卵セットなので成功したかったんですが、次回に活かせればと思います。


次回はレギウスで挑戦してみようと思います。


玄関のスペースでカワラボトルを掘り出したので部屋中がカワラの匂いで充満してしまい、嫁から臭いとクレームが入ってしまいました。



暖かくなり成虫も活発になってきて、クワガタの種類によって独特の匂いを発します。もっと小まめにケースの清掃をしてあげないといけません。


ニジイロは少し落ち着いたらマットで再挑戦したいと思います。




スポンサーサイト

不安

ニジイロのボトル産卵。 セットしてから2ヶ月が経ちました。


まだ何とも言えないですが、食痕が全く出ていないので不安で仕方ありません。






近いうちに時間作って割出ししてみようと思います。


オスメスまだ元気なので、ダメだったら次はマットで挑戦します。



レギウスの産卵セットも覗きましたが、材には全く手を付けていないようです。


材が悪いのか、湿度が悪いのか、ペアリングが上手くいっていなかったのか、わかりません。


手を付けていなかったカワラ材を取り出してジップロックに保管し、オスとメスを再び同居させる事にしました。







焦らずじっくりといきたいと思います。



地元産ヒラタ羽化

ライヒヒラタに続いて地元産ヒラタも羽化していました。





前回のオスよりも少し大きな幼虫だったので楽しみです。



パプキン割出し

先日ケース側面に幼虫が確認出来ていたパプキンの割出しをしました。

ケースから見えるのは1匹だけです。





いざ割出しです。


マットをひっくり返し、半分に割ると
マットがかなり劣化しているような感じがしました。


これはあまり期待出来そうにないと、割り続けた結果





7匹の幼虫を確保出来ました♪


マットの劣化のせいなのか、共食いのせいなのかわかりませんが、数匹☆になっている幼虫もいました。


もう少し早めに割出ししておいた方が良かったのかもしれません。


10匹は欲しかったので、もう1度セットします。







ライヒオス羽化

待望のライヒヒラタのオスが羽化しました。





ボトル内が見にくいのでどんな顎をしているかわからないのですが、無事に羽化出来たようでとても嬉しいです。



メタリの産卵セットを覗くと、オスが☆になっていました。


12月5日にうちに来てから約4ヶ月。とても長生きしてくれました。


親を超えれる様に頑張って飼育します。







バクテリア材に投入したメタリの幼虫は、また材から落ちていました。


どうも落ち着かないようです。


取り出してマットに戻し、初齢のメタリの幼虫を代わりに入れてみました。


挑戦 挑戦

先日採卵したメタリの9玉を確認して個別に仕分けました。


結果、1玉は消失。1玉はまだ卵で7匹孵化していました。







昨日、材に投入した幼虫は穴から飛び出してケース底にいました。上手く材の中に潜る事が出来なかったようです。


材が合っていないのか、もっと小さい頃から投入しないと食べる事が出来ないのかわかりません。


もう1度穴に入れておきましたが、要観察です。



メタリの産卵セットに使ったカワラ材もあったので穴を開けて投入してみました。





こちらの材の方が柔らかいので上手く潜ってくれるかな


ヒラタケ菌糸瓶にも1匹投入してあります。





ヒラタケ菌糸はもりもり食べているようです。


メタリフェルはサイクルが早いようなので、色々試してみようと思っています。


挑戦

ゼリーカップフォルダーを購入しました。


ゼリースプリッターで半分にカットした物を入れる8g用のフォルダーです。





ゼリーがピッタリとはまりました。





ゼリーを掻き出してケース内をすぐびちゃびちゃにする子もいるので、これでお行儀よく食べてくれるかもしれません。




以前、ダイオウヒラタの産卵セットを組んでいたのですが、ボウズでした。材が硬すぎて契る事が出来なかったようです。


そのバクテリア材に少しだけ穴を掘りメタリの幼虫を入れてみました。





バクテリア材が合っているのか、上手く潜ってくれるのかわかりませんが、材飼育を1度やってみたかったのと、上手く行けば羽化ズレ防止になるかもしれません。


昨晩投入し、今朝覗くと昨日よりは潜ってたかな?という印象です。



観察

仕事が早めに上がれたので、いつもの樹液ポイントへ散歩がてら少しだけ寄り道して帰りました。


気温も上がってきたのでそろそろクワガタも起き出して来てるかなと思ったのですが、まだ早かったようです。


クヌギからは新芽が生え、雑木林にも暖かみが感じ取れました。



樹液ポイントを見て回りましたが、まだ樹液は殆ど出ていません。


樹液の匂いがする方へ近づくと、僅かですが樹液が染み出している木を発見しました。


ライトで照らしてよく見てみると





甲虫が沢山いました!


詳しくは良く分かりませんが、ヨツボシケシキスイとヨツボシオオキスイだと思います。


溢れ出る樹液を吸っています。 活動が早いですね。


他にも樹液が染み出している木が1本あったのですが、クワガタの影は見る事が出来ませんでした。


今年は暖かいのでシーズンインも早いかもしれませんね。





うちに戻ってメタリの産卵セットを覗いて見ると





産卵を終えたのか、メスがマットから這い上がって来ていました。オスもメスも付節取れもなくまだまだ元気そうな感じです。


メタリのオスもメスもうちに来て4ヶ月経ちますが、結構長生きするものですね。



孵化

虫社で購入したパプキンWILDの産卵セット


3月23日にセットして約3週間経ちました。


いつものようにケースを覗くとケース側面に小さな幼虫が動いているのを確認出来ました!





外から見えているのはこの1匹だけですが、無事に幼虫を得る事が出来ました。


メタリに続きマット産みの種の産卵に成功しました。


割出しがとても楽しみです。



そろそろカワラボトルのニジも気になるところですが、未だ食痕が見えないので、もう暫く放置する事にします。



そして、先日採卵したメタリの卵のプリカもチェック!





9玉中、3頭孵化を確認出来ました!
残りの卵もそろそろ孵化するかな。



自分で産ませようとして幼虫が採れたのは、ライヒ、メタリに続いてパプキンで3種目になります。



まだまだ未熟ですが、少しずつ自信に繋がればと思っています。



カブトムシ

ランバージャックへ息子を連れて行ってきました。


息子がクワガタは家にいっぱい居るけど、カブトムシも飼ってほしいと訴え


どうしても欲しいと言って聞かないので購入しました。





このカブトは何ていう名前なの? と聞くと家に着くと図鑑で調べていました。


アトラスオオカブト!


と言い張る息子に、コーカサスとアトラスはどこが違うの?と聞くと


ツノが違うよ! コーカサスは頭にあるツノにトゲが合って、アトラスには無いの!


図鑑を見てみると見た目の違いはツノの形状の違いと身体の大きさのようです。


念のためネットで調べてみると、子供の言う通りでした。


子供の観察力って素晴らしいですね。





増やすつもりは無いので、オス単のみです。


プリカのまま玄関に置いておいたら


ブーーーンと物凄い羽音が近づいて来ました。


早速脱走したようです。


とても元気です。



 | ホーム |  次のページ»»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。